柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

創業融資の審査でプラスになる事

以下のようなことがあると創業融資にプラス評価になります。

創業と同時に売り上げがある

例えば、創業と同時に売上を計上しており、それと同じタイミングで創業融資を申し込むような場合などです。
日本政策金融公庫の職員との会話で「売上実績がゼロかイチかでは全然ちがう」ということを聞きました。

創業スクールを修了している

国レベルで行われている特定創業支援事業というものがあります。
各市町村で「創業塾」や「創業支援スクール」などの名称でセミナーを開催されています。
複数回受講する必要があるのですが、一定回数受講すると修了になり証明書を発行してもらえます。

以前、クライアント様で都内の創業スクールを修了された方がいらっしゃいました。
大手町の日本政策金融公庫に申し込んで、私もクライアント様の面談に同席しました。
その際、公庫の担当者に「創業スクールを修了しているので利息の低減を使えないか」と聞いてみました。
返答としては利息が低いものになること、創業スクールを修了したこと自体が融資審査にプラスになると、おっしゃっていました。

支援者がいること

これも日本政策金融公庫の職員からお聞きしたことです。
日本政策金融公庫としては、事業者と日本政策金融公庫の2者ではなく、事業者と日本政策金融公庫それにプラスして士業などの専門家(支援者)の3者で事業を支えていきたいという方針があるそうです。
そのため、私たちのような専門家が関わること自体がプラスに働くということです。
ただし、どう考えても無理なものがOKされるというわけではありません。

専門家以外でも事業をサポートしてくれる人がいれば審査にプラスになることがあります。
例えば、父親と同じ業種で働いて、起業後は定年退職した父親が自分の事業を手伝ってくれる。といったケースなどです。このようにサポートしてくれる人がいる場合は事業計画書に書いて、金融機関の担当者に伝える必要があります。

自己資金をコツコツ貯めてきた

創業融資の審査では開業までの準備具合が重要視されます。
そのバロメーターのひとつとして自己資金の蓄積過程があります。
例えば、親族から資金を贈与してもらい、それを自己資金とする人よりも、何年も前から毎月コツコツ給料から貯めてきた人の方が評価されます。
審査の担当者に「この人は開業に向けてしっかり準備してきたんだな」という印象を与えることになるのです。
このような場合、融資希望額に対して、多少自己資金が足りなくても希望通りの融資ができるケースがあるとのことでした。

開業業種の経験が豊富

開業業種の経験の有無も創業融資の審査では重要です。
そして、重要なのは勤務経験の長さよりも、職場で何を経験したのか。経験した内容の方が大事です。
日本政策金融公庫では長さ=量、経験した内容=質、と言っています。
勤務年数は短くても、経験した内容が開業後に活かせるものであれば審査でアピールします。

無料相談フォームはこちら

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

047-343-9519

TOP