柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

融資

信用保証協会の開業資金融資で通帳チェック。千葉県船橋市

    開業資金の融資審査で個人の通帳を担当者に見せるという話を聞いたことがあるでしょうか?

    開業資金の融資では必ず通帳を見せることになっています。
    なぜ個人の通帳を見なければならないのでしょうか?

    通帳の内容も融資の判断材料

    実は個人の通帳はとても重要な融資の判断材料なんです。

    通帳で何を確認しているか例をあげると

    ・自己資金の金額
    ・自己資金が蓄積してきたプロセス
    ・自己資金は消費者金融などから借りてきたものではないか?
    ・公共料金の支払いはしっかりしているのか?
    ・家賃など毎月支払うものを期日どおりに支払っているか?
    ・不審な資金の流出はないか?
    ・各担当者が気になったところ

    など通帳ひとつとってもいろいろ確認しています。

     

    通帳からなにがわかるのか?

    では通帳をみる理由はなんでしょう?
    たとえばこのようにしてみています。

    ・自己資金の元手が会社に勤めている時の給料であれば
    しっかりと毎月振り込まれて、その証明ができるか。

    ・証明ができないタンス預金は自己資金にならない。

    ・消費者金融などから借りたお金は自己資金としてみることはできない

    ・公共料金や家賃など毎月支払うものを延滞や滞納している場合
    融資をしても返してくれないのではないか。

    ・融資したお金を他のところへ使わないか。

    などいろいろなことが判断できます。

     

    通帳の管理も開業資金融資の準備ひとつ

    以上のようにさまざまなことがわかるので
    開業前から通帳の管理をしておくことが大切になります。

    通帳は開業融資を受ける時の6か月から1年前まで
    さかのぼって確認をしています。

    なので開業の6ヶ月から1年前から準備が必要です。

    準備内容の一例をあげると

    ・タンス預金があるなら銀行口座に入金する
    ・給料は口座で管理する
    ・公共料金の支払いは引き落としにする
    ・消費者金融などから借りない

    という方法があります。

    開業資金の融資審査では通帳の内容が影響してくるので、しっかりと準備をしていきましょう。

     

    (注)動画の内容は一つの方法、考え方に過ぎません。

    実際に融資の申し込みをする際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

    創業融資成功支援のかきざき行政書士事務所のホームページは   ⇒  こちら

    よろしかったらお越し下さい!

    無料相談フォームはこちら

    メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

    047-343-9519

    TOP