柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

融資

柏市 日本政策金融公庫の創業融資 何を基準に審査してる?

日本政策金融公庫の創業融資には審査があります。
なにを基準にして審査しているのでしょうか?
重要な審査ポイントをまとめてみました。

創業融資の重要点その1【自己資金】

ひとつめの重要点が自己資金です。

基本的に個人の預金通帳を通して自己資金を確認しています。

どのようなところを見ているかというと。

・自己資金の「金額
たとえば、1000万円の融資を受けたいが自己資金は50万円しかない。
このような場合では1000万円の融資は無理です。
1000万円なら300万円は自己資金として欲しいラインです。

・自己資金の「蓄積過程
たとえば、通帳の残高が現在200万円あります。
では、その200万円はどのようにして貯めたのか。
この過程も重要です。
理想的なのは毎月の給料からコツコツと貯めたお金です。
逆にNGなのはどこかから借りるなどして、一度に多額の入金がしてあるケースです。
見せ金などは通用しないと考えた方が良いです。

また、蓄積過程がわからない「タンス預金」も基本的には認められません

・定期的な支払い
公共料金や保険料、家賃など毎月決まった日に支払うべきものを支払っているのか。
このような支払いという点も審査をしています。
これらの料金を延滞、滞納しているとお金にだらしない人と見られてしまいます。
「お金にだらしない=返済してもらえるか怪しい」となるわけです。
ここは盲点ですので注意です。

創業融資の重要点その2【開業業種の経験】

ふたつめの重要点が開業業種の経験です。

開業業種の経験がある人の方が、ない人よりも事業が成功しやすいというごく当たり前の考え方です。
金融機関も融資をするからには、返済をしてもらわないと困ります。
ということは、事業が成功する見込みの高い人に貸す必要があるわけなんです。
そうなると、必然的に開業する業種のある人なら成功する確率も高い。逆に未経験の人は失敗のリスクがある。
ということで経験がある人の方が融資はしやすくなります。

だからといって、未経験の人に融資をしないかといえばそうではありません。
未経験の人にも融資はします。
ただし、大きい金額の融資は厳しくなっています。

また、業種の経験で重要なものは「勤続年数」ではなく「経験したこと」です。
勤務期間に会社で何を経験したのか。どんな実績があるのか。その経験は開業後に役に立つのか。
このあたりを事業計画書に記入してアピールする必要があります。

本人の経験はなにか通帳のようなもので証明できるわけではありません。
こちらから「このような実績があります」と発信しなければ担当者は何も知らないまま審査に持って行ってしまいます。
これではせっかくの経験が審査に生かされず、とてももったいないです。

それと、経験が自己資金の少なさを補うこともあります。
よく創業融資には自己資金が3分の1必要と言われています。
ですが、開業業種の経験がしっかりしたものであれば3分の1以下でも融資をしてくれます。
「自己資金が少ないけど、これだけ実績のある人なら融資しても大丈夫だろう」
となるわけです。
これは、日本政策金融公庫の職員さんもおっしゃっていました。
このように他の不利な点を補ったりもできるので、自身の経験はしっかりと伝える必要があります。

創業融資の重要点その3【事業計画書】

最後の重要点が事業計画書です。

事業計画書がしっかりしていれば、事業内容や今後の計画もわかりやすくなります。
分かりやすければ、不明点もなくなるので融資がしやすくなります。
内容がよくわからない事業に融資をするのは普通に考えると怖いです。

また、融資の最終決済者は目の前にいる担当者ではなく支店長などの上司です。
担当者は支店内で決済を受けるために会議で説明をしています。
その決済を受けるための材料を事業計画書として提出する必要があります。

<事業計画書をしっかり作る⇒担当者が戦いやすくなる⇒融資が出やすくなる>

ということなので事業計画書をしっかりする必要があります。

では、どのような事業計画書が必要かというと以下に挙げるものは提出したいです。
これは私が創業融資のご支援をさせていただく時に必ず提出しているものです。

・事業計画書の補足資料(文章で事業内容や経験などを細かく記載したもの)
・売上げの計画
・損益の計画
・資金繰りの計画

場合によってその他にも資料を付けるのですが、基本的にこの4種類は必須のものです。
特に資金繰りの計画は重要です。
資金繰りの計画には返済計画も含まれるため、
融資した会社の事業計画でしっかり返済されるのか、一目見てわかるようになります。

また、この時に作った計画書は開業後の予実管理にも使うことができます。
「今月の営業成績は創業計画と比べてどうだったのか」
「計画に届かなかったらどこを改善すべきなのか」
というように試行錯誤を繰り返して営業をしていくと、ただやみくもに営業をするよりも黒字化が早くなります。
創業融資の計画書には融資以外の使い道もあります。
開業後のことも見据えて現実的なラインで作成しましょう。

まとめ

以上、創業融資の審査のポイントをお伝えしました。
実際はここに書いたこと以外のことも総合的に判断して融資するか決めています。
たとえば、個人信用情報や家族の収入など細かいものまで挙げたらキリがありません。

ですが、今回お伝えした「自己資金、経験、事業計画書」の3点は最低限必要であり
最大の審査ポイントです。

しっかりと準備、対策をとって審査に臨みましょう。

 

ホームページはこちらhttps://sougyou-kakizaki.jp/

 

関連記事

無料相談フォームはこちら

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

047-343-9519

TOP