047-343-9519

制度

柏市 フランチャイズの開業でも融資を受けられますか?

    事業を始めるときに融資を受けることがあります。
    会社を設立したり個人事業を始めると融資が可能になります。
    では、フランチャイズに加盟して開業する場合はどうなのでしょうか。
    まとめてみました。

    フランチャイズの開業でも創業融資制度を利用できる?

    法人を設立したり、個人事業で事業を始めたり
    開業する時の方法もさまざまです。

    なかにはフランチャイズに加盟して開業する方もいらっしゃいます。

    では、このフランチャイズでの開業に対して
    金融機関は融資をするものなのでしょうか?

    結論をいうと、フランチャイズでの開業でも融資はします
    フランチャイズだから融資しないということは無いです。

    仮に融資が否決されたとしたら、その原因は開業する人が審査の基準に届かなかった。
    ということが考えられます。
    これは、独力で開業する人と同じです。

     

    フランチャイズでの開業にはフランチャイズならではの特徴があります。
    通常フランチャイズに加盟すると加盟金や研修費といった支払いが発生します。
    したがって、独力で開業するよりも開業費が高くなる傾向があります。
    この点は注意が必要です。

    融資審査の基準は特別?

    フランチャイズに加盟しての開業の場合、融資の審査はどうなるのでしょう。
    何か特別なことはあるのでしょうか?

    融資の審査基準にフランチャイズ独特のモノというのはありません。

    通常の開業と同じで
    ・自己資金
    ・開業業種の経験
    ・事業計画書
    が最重要ポイントになります。

    さて、フランチャイズに加盟すると事業計画を立てるときに有利になることがあります。
    当事務所の事例でもあるのですが、自社と条件が似た他の加盟店の実績データを開示してくれるところがあります。(もちろん、こちらから協力してもらえるように働きかける必要はあります)

    そのデータをもとに自社の収支計画を立てることができます。
    そうして立てた計画と一緒に、他店の実績データも金融機関に提出します。
    ここまで詰めることにより、創業計画に根拠を持たせることができます。

    他店のデータを使えるというのは、独力の開業にはない融資を申し込むときのメリットです。

    フランチャイズのこんな使い方

    フランチャイズに加盟するメリットとはなんなのでしょう。
    いくつか挙げてみます。
    ・事業経験がなくても本部が蓄積したノウハウを使うことができる
    ・フランチャイズ本部による支援がある(販売促進や仕入確保など)
    ・知名度があるチェーン名が利用できる
    などその他利点があります。

    このメリットを最大限に使って開業することができます。

     

    未経験の事業を開業する場合などはフランチャイズに加盟するというのも
    ひとつの選択肢です。

    たとえば、「IT業の会社でサラリーマンをしていたが、今まで経験したことがない飲食店を開業する」
    という様なケースです。

    このようなケースの場合、フランチャイズに加盟すると本部の支援があるので
    自分の経験不足を補うことができます。
    それにより、未経験業種でも事業の成功確率を高めることができます。

    このことは融資の審査にも影響があります。
    自分だけで未経験業種を開業するよりも、FC加盟した方が事業が成功しやすい=返済される
    と考えるわけです。
    そうすると、融資もしやすくなります。

    以上のように、自分の経験不足を補って事業を成功しやすくするという使い方もあります。

    まとめ

    フランチャイズに加盟して開業する時でも融資を受けることができます。

    ただし、フランチャイズ本部にも色々あります。
    実績がある本部もあれば、ない所もあります。
    支援体制もそれぞれです。

    フランチャイズで開業したものの、本部からほとんど支援がなくて苦労している方を見たこともあります。

    一般的に知名度がある大手なら安心かもしれませんが、
    加盟する前に本当にその本部で良いのか。他に良い候補はないのか。
    慎重に検討する必要もあると思います。

     

    無料相談フォームはこちら

    メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

    047-343-9519

    TOP