柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

信用保証協会

柏市 資金調達 相談 開業融資 銀行と保証協会の融資面談

    開業資金の融資を受けるとき、融資の面談を金融機関とします。

    銀行などの民間金融機関に融資を打診したときと、
    日本政策金融公庫に融資を打診したときの面談の回数について書いてみます。

     

    融資の面談回数が違う

    日本政策金融公庫と銀行や信金に創業融資を申請したときは
    融資の面談回数が違います。

    日本政策金融公庫は基本的に一回です。

    銀行など民間の金融機関を使うと基本的に二回あります。

    同じ創業融資なのになぜ回数が違うのでしょうか?

     

    信用保証協会が関与するから

    民間の金融機関からの創業融資では面談が二回あります。

    これは融資の審査に銀行と信用保証協会の二か所が
    関与しているからです。

    創業融資においては銀行単独で融資をする(プロパー融資)
    というのはとても厳しく、
    基本的に信用保証協会の保証がつかないと融資をしません。

    (少数ですが保証協会無しで融資するところもあります)

    信用保証協会の保証が付いてはじめて
    開業資金の融資ができるんです。

    銀行で融資をしてもいいのか審査をして、
    信用保証協会で保証ができるか審査をします。

    なので、銀行の担当者と面談をして
    さらに信用保証協会の職員と面談をします。

    融資面談の回数が複数回になるわけです。

    逆に日本政策金融公庫の創業融資ですと
    審査は日本政策金融公庫自体がして融資するか決定するため
    一回ですむということなんです。

     

    融資の判断が分かれることも

    民間の金融機関を使って創業融資を打診すると
    金融機関と信用保証協会の二か所が融資審査に関係します。

    両者の融資に対する答えが一緒ならいいのですが
    たまに答えが別々になることがあります。

    信用保証協会は融資をしても良いと承諾をしても
    実際にお金を貸し出す金融機関が拒否する場合なんかもあります。

    その逆のケースも当然あります。

    銀行は貸したいけど信用保証協会が保証しないといった具合ですね。

    そういったこともありますが、
    基本的に信用保証協会の保証が付くようであれば
    融資を実行されることがほとんどです。

     

    使う融資制度によってはさらに...

    市区町村独自の創業融資制度を利用するケースもあります。

    市区町村の融資制度を使うときも
    信用保証協会の保証がついて銀行が融資をします。

    ただし、市区町村の制度融資でよくあるケースとして
    その市区町村で中小企業診断士からのお墨付きを
    もらわないと、制度融資が使えないという場合があります。

    そうすると、中小企業診断士さんとも
    事業計画についてやり取りをするため、
    融資を受けるまで時間がかかることになります。

    ですが、市区町村の制度融資のメリットとして
    融資の利息を補助してくれたり、
    信用保証協会に支払う保証料を補助してくれたりと
    お得な制度を用意しているところがあります。

    手間はかかりますが非常にありがたいです。

     

    創業融資を打診する場所によってさまざま特徴がありますので、
    自分にあった方法を選びたいです。

     

    創業融資の無料相談、絶賛受付中です!!

    電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/

     

    (注)一つの方法、考え方に過ぎません。

    実際申請する際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

     

    無料相談フォームはこちら

    メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

    047-343-9519

    TOP