柏市 開店資金 融資 担保は必要? 公庫融資サポート

開店資金の融資を受けるとき担保がなくても
融資を受けられるのでしょうか?

実際どうなのか書いてみます。

 

担保がなくても融資ができる

開店資金の融資を受けるために
日本政策金融公庫の創業融資制度など公的な機関の
融資制度を使います。

基本的に公的機関からの融資は担保がなくても
利用することができます。

例えば日本政策金融公庫であれば
・新創業融資制度
・新規開業資金
・女性・若者・シニア起業家資金
・中小企業経営力強化資金(2000万円まで)
などは担保がなくても使えます。

千葉県の信用保証制度では
・創業関連保証
・創業等関連保証
などが使えます。

 

担保はとらない。融資の審査基準

担保を取らない創業融資制度が色々ありますが、
担保以外の何をみて融資の審査をしているのでしょうか?

創業融資の審査で重要なポイントの例をあげてみます
・自己資金
・開業する業種の経験
・事業計画書の内容
・個人的な借金(消費者金融など)
・公共料金、税金の支払い
など
総合的に判断をします。

総事業費に対して自己資金の割合は多い方がいいですし、
自己資金を貯蓄してきた過程も大事です。

開業する業種の経験があった方がもちろんいいわけです。
なければフランチャイズへの加盟なんかも考えられます。

事業計画書の内容もしっかりとしてなければいけません。
売上の計画書、損益の計算書、資金繰り表なども添付資料として
提出したい書類です。

個人的な借金(消費者金融)が多額にあるようなら
もちろん融資は厳しくなります。
ただし、住宅ローンや車のローン、奨学金などは
そんなに問題視されません。

その場合でも資金繰り表で事業資金の融資と住宅ローンなどの残債を

両方とも返済できることは示す必要があります。

公共料金の支払いが滞納、延滞されていたりすると融資は厳しくなります。
お金に対してだらしない人だと取られてしまうため、
融資をしても返済してもらえないんじゃないかと思うわけです。

担保がなくても開業資金の融資を受けることは可能です。
その分融資のハードルが高いので
条件をクリアーするためには開業前から対策をとっておく必要がありますね。

創業融資の無料相談、絶賛受付中です!!

(注)動画の内容は一つの方法、考え方に過ぎません。

実際に融資の申し込みをする際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

 

創業融資専門行政書士事務所。「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519     ホームページhttps://sougyou-kakizaki.jp/

 

公的融資で開業資金の調達をお手伝いしている事務所です。

創業期の融資支援に特化した当事務所は開業資金不足でお困りの方の融資をお手伝いします。

ご自分一人であきらめてしまう前に、一度ご相談下さい。