柏市 開店資金の融資はどの金融機関を使うべき?

「お店を出すにもお金が必要」
「だから融資を受けたい」
「銀行に違いがあるのだろうか?」
ということで、開店する時の融資の申込み先となる金融機関について書いてみました。

融資をしてくれる金融機関とは?

事業資金の融資をしてくれる金融機関にはどのような所があるのでしょうか?
列挙してみましょう。

・メガバンク 三菱UFJ銀行など
・地方銀行  千葉県なら、ちばぎんや千葉興業銀行など
・信用金庫  西武信金など
・信用組合  第一勧業信用組合など
・日本政策金融公庫
・商工中金

このように様々な種類の金融機関が存在しています。

ただ金融機関ごとに特徴があり、開業時に使いやすい銀行、使いにくい銀行があります。
たとえばメガバンクは金額の大きい案件を好む傾向があり、融資金額が小さい創業融資に対しては消極的なところがあります。(担当者にもよりますが)
逆に信用金庫や信用組合では熱心なところもあります。

使いやすい金融機関はどれ?

金融機関ごとに特徴があるわけですが、創業融資ではどの金融機関を使うとよいのでしょう?

1、日本政策金融公庫を使う。

日本政策金融公庫という公的融資をおこなう場所があります。
ここは一般的な銀行が融資できない案件を補完する役目があるところです。

民間の銀行はこれから開業する実績もなにもない会社に融資するのは、非常にリスクが高いので融資できません。
しかし、日本政策金融公庫は民間ができない部分を補って創業者にも融資を行っています。
日本で一番創業融資の実施件数があるところであり、毎年融資先が増えています。

2、信用保証協会の保証付き融資を使う。

各都道府県に信用保証協会という機関が存在しています。
この機関は銀行が融資した会社が返済できなくなった場合、会社の残債を会社に代わって銀行に返します。(会社には信用保証協会から代わりに払った分を返せと言われます)
銀行からすれば保証協会がいればリスクを減らすことができるので、創業時のようにリスクがあっても融資ができるのです。

信用保証協会の保証付き融資は制度が若干複雑で、都道府県の制度と市区町村の制度があります。
市区町村の制度は利息が低くなったり、後で一部返還されたりする制度を用意しているところもあるのでお住いの市町村名で検索してみてもいいかもしれません。

創業時は「日本政策金融公庫」と「信用保証協会の保証付き融資」を検討していくのが基本的な方法になります。

融資を受けるにも条件がある

日本政策金融公庫と信用保証協会の保証付き融資といえども、融資をするには条件があります。
やはり、融資なので返済はされなければ困ります。

両方とも審査している項目は同じような感じです。

・自己資金
・開業業種の経験
・事業計画書

他にもありますが、重視しているのはこの3点です。

融資金額に対して自己資金が少なければ厳しくなりますし、開業業種の経験がなければ厳しくなります。
(絶対に融資しないというわけではないですが)

融資後も考えて

金融機関には様々なところがあります。
創業時は日本政策金融公庫を使い、ある程度の規模に成長してきたら地方銀行との付き合いを始める。
というように年商規模などによって融資取引をする金融機関を増やしていくなど、各金融機関の特徴を知りながら戦略的にお付き合いしていくことも大切です。

 

創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/