柏市 開業融資 代表者の借入歴は融資審査に影響するのか?

開業資金の融資を受けたい。
でも過去の借入れは審査に影響するのだろうか。
創業融資において個人的な借入れがどう影響するのか書いてみました。

融資に影響する借入れ、しない借入れ

創業融資において代表者の個人的な借入れは融資に影響があるのでしょうか?

実は融資に影響を及ぼすものとそうでないものがあります。

まず、たいして影響がない借入れの例を挙げると
・住宅ローン
・車のローン
・奨学金

などは影響がないことが多いです。

住宅や車は高価なため多くの場合ローンを組まないと購入できないです。
なのでこれは借りていても不思議ではないわけです。

逆に悪影響を及ぼすものの代表として
・消費者金融
・カードローン

などは良くないです。
残債の額によってはこれだけで融資がアウトになることもあります。

また、過去に消費者金融などで借りていたとしても、何事もなく無事に返済が完了していれば問題にはなりません。

こんな時は要注意

住宅ローンや車のローンはたいした問題にならないと書きました。
ですが、住宅や車のローンに限らずこんな時は要注意です。

なんらかの事情で返済が遅れたことがある。
返済不能になったことがある。

住宅や車のローンでこのケースは少ないと思いますが
意外なところでスマホの購入代金の支払いで遅れたなんてこともあります。
携帯の分割購入もクレジット契約なので、本人はそんな気がなくても実は大問題でした。
どんな種類の借入れであれ、返済が滞ると個人信用情報にキズがついてしまうのです。
この個人信用情報に良くない情報がたくさんあったり重大なキズがあると俗に言う「ブラックリスト」にのるということになります。

例を挙げると
借入れの返済が正常にできなくなる⇒個人信用情報にキズがつく⇒俗に言うブラックリスト
ということで基本的に新規の融資は無理になります。

日本政策金融公庫はこの情報だけで融資が無理なこともあります。

個人信用情報も調べます。

日本政策金融公庫は個人信用情報にキズがあると融資は厳しいと書きました。
日本政策金融公庫は基本的にこの情報を調べます。
ではこれはどうやって調べているのでしょう?

創業融資を申し込むときに「個人信用情報を調べてもいいですか?」という書面に同意をします。
その後「CIC」という個人信用情報機関で申込者の個人信用情報を確認しています。
この時に過去の借入れ歴や現在どうなのか審査のひとつとつとしてみています。

このCICの個人信用情報は自分でも取得することができます。
CICとネットで検索するとヒットするはずです。
1000円位で自分の情報を見ることが可能です。

この個人信用情報どのようなことが載っているのか入金情報を例に挙げると(以下抜粋)
【入金情報】
表示   内容
「$」 請求通りの入金があった
「P」 請求額の一部が入金された
「R」 お客様以外から入金された
「A」 お客様の事情で約定日に入金がなかった(未入金)
「B」 お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
「C」 入金されてないが、その理由がわからない
「-」 請求も無く入金もなかった
「空欄」 クレジット会社等から情報の更新がなかった

というように過去24か月の入金情報が記号で表示されます。

【返済状況】という項目も確認できます。
この項目に「異動」と表示されたらブラック情報ということで日本政策金融公庫の創業融資はアウトです。

どんなときにこの「異動」となるかというと(以下抜粋)
・返済日より61日以上または3ヵ月以上の支払いの遅れがあるもの、あったもの。
・本人に代わって保証会社が返済したもの
・裁判所が破産を宣告(破産手続き開始が決定)したもの。

このような状態になると「異動」ということで日本政策金融公庫の創業融資は無理になります。

「異動」の記録は延滞などが解消したあとも情報の保有期限がすぎるまで残ります。

最後に

以上創業融資における個人的な借入れの影響について書きました。

住宅や車のローンなどは仕方のないことですが、それ以外の消費者金融などは極力利用しないようにした方が良いといえます。

※補足として過去に事業をしていて返済不能になったことがあるような場合、免責の決定を受けていれば「再挑戦支援資金」という日本政策金融公庫の融資制度を使うことができたりします。ただし金額は低いです。

 

創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/