柏市 創業融資 追加の融資に借りやすい時期がある?

開業資金の融資を受けて事業を始める方も多くいらっしゃると思います。

その方が事業を始めてから数年後に追加融資を受けたいというのも
よくあります。

では、追加融資を受けやすい時期というのはあるのでしょうか?
一例ですが書いてみます。

 

こんな時は融資のチャンス

例えば、開業時に日本政策金融公庫から創業融資を受けていたとします。

それから頑張って事業を続けていき、コツコツ借入を返済していくと
融資の残額が減っていきます。

当初の借入金額の半分以上返済すると、日本政策金融公庫から
「借りませんか?」というような提案をされる場合があります。

このように金融機関側から提案を受ける場合は、
追加融資のチャンスだったりします。

これは、日本政策金融公庫に限った話ではなく
銀行や信金など民間金融機関にも共通することになります。

なので金融機関から融資の提案があったときは、
職員さんを無下に追い返すのではなく、よく話を聞いてみましょう。

今は融資の必要がなくても、この機会に
銀行に事業内容の報告をするなどの関係を構築していけば
資金が必要になった時にスムーズに融資を受けられる
ようになると思います。

 

私も融資の提案をされました。

実は私自身も日本政策金融公庫から融資の提案を受けました。

どのような経緯で提案されたかというと私は少し特殊です。

先日、創業融資の支援を依頼していただいたお客様の件で、
私が融資を受けている日本政策金融公庫の支店で
職員さんと打合せをしていました。

ひと通りお客様の話が終わると、
細かい内容は覚えていないですが、
「柿崎さん、資金必要でしたら融資のお手伝いできますよ」的な
内容の話をしていただきました。

職員さんの手元の資料を見ると
ちょうど私が最初融資を受けた金額の半分を返済していました。

ただ今は資金の必要性がなかったので追加融資を
申し込まなかったのですが、
私は「まだ、残額が残っているうちにまた借りる予定なので、
近々〇〇さんにお願いしようと思います。」
ということでお願いをしてきました。

 

追加の融資は残額が残っているうちに

上の「」の中で、残額が残っているうちに
また借りたいと言ったのはなぜなのか?
全部返済した後ではないのか?と考える方もいらっしゃると思います。

実は残額が残っている方が、全部返済してから融資を受けるより
スムーズに融資が受けられるということがあります。

理由の一つとして返済がすべて完了して時間がたつと
金融機関にその貸出先の情報がなくなってしまいます。

完済後しばらくしてから融資を申し込むと
ゼロから情報を集めて融資の審査をしなければならないので
時間がかかるわけです。

逆に順調に返済している最中の貸出先であれば
貸出先の情報や返済実績もあるので、
スムーズに融資の審査ができることになります。

もちろん事業の業績にもよりますが。

 

創業融資を受けて順調に返済していくと
追加融資の提案をされることがあります。

その機会は大切にしていきたいです。

 

創業融資の無料相談、絶賛受付中です!!
創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/