柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

事業計画書

柏市 創業融資 相談 融資を断られた時、創業計画書を書き直す?

    考えたくないことですが、創業融資を日本政策金融公庫などに申し込んでも
    断られてしまうことがあります。

    そのような場合、創業計画書を書き直せば融資できるのか
    書いてみます。

     

    創業融資が断られた原因は?

    創業融資を一度否決されると、最低6ヶ月は再申し込みできないと
    ネット上で書かれたりしていますが、必ずしも正しくはないです。

    6ヶ月以内でも創業融資ができるケースはよくあります。

    ただし、一回目の申込みで否決された理由が大切です。

    最初の融資が否決された理由が解決されない限り
    1年後、3年後に再度創業融資の申し込みをしても、
    また否決されます。

    逆に、最初の融資申し込みが断られた理由を解決できれば
    6ヶ月以内、極端に言えば1か月後にでも融資ができるようになります。

    創業融資に再度挑戦するには、一度否決された原因を特定する必要があります。
    その原因が短期間で解決できるものかどうか見極めましょう。

     

    創業融資が断られる理由とは?

    そもそも創業融資が断られる理由とは何なのでしょうか?
    一部例として挙げてみます

    ・総必要資金に対して自己資金額があまりにも低い
    ・自己資金がタンス預金
    ・開業する業種の経験がない
    ・ブラックリストに載っている
    ・消費者金融などから借入がたくさんある
    ・事業計画書の内容があまい
    ・公共料金の支払いの延滞、滞納がある

    などがあります。
    これらに該当すると創業融資が否決される可能性が大きくなります。

     

    創業融資が断られた原因を解決する。

    上記のように融資が否決される理由はたくさんあります。
    この中ですぐに解決できるものと、できないものに分かれます。

    例えば、自己資金額があまりにも少ないという場合はすぐに解決できません。
    毎月の給料などを貯めていかなければなりません。
    消費者金融などから一時的に借りてきても、自己資金としてカウントできないので
    地道に貯蓄していきます。

    ある程度自己資金がたまってきた段階で再度創業融資を申し込むようになります。

    これとは違い短期間で解決できる理由もあります。
    例えば、事業計画書の内容があまい場合などです。

    事業計画書の内容があまいようであれば、
    計画を立て直してから再度融資の申込みをします。

    担当者が同じ場合、一度断られているので厳しく見られる事もあると思いますが、
    最初の創業融資を否決した原因が解消しているので前よりも可能性はあるはずです。

    また、事業計画書を書き直した後、
    創業融資が否決された金融機関とは違うところに
    融資を申し込むということもできます。

    例えば、日本政策金融公庫で最初断られたなら、
    2回目は信用保証付きの創業融資を申し込む
    ということもできます。

     

    まとめると

    ・創業融資が否決された理由を明らかにする
    ・その理由がすぐ解決できるものであれば、問題を解決して再度創業融資を申し込む

    (注)動画の内容は一つの方法、考え方に過ぎません。

    実際に融資の申し込みをする際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

    創業融資成功支援のかきざき行政書士事務所のホームページは   ⇒  こちら

     

    スマホサイト:https://sougyou-kakizaki.jimdo.com/

    よろしかったらお越し下さい!

    無料相談フォームはこちら

    メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

    047-343-9519

    TOP