起業資金の融資は事業計画書だけで審査するのか?千葉県船橋市

起業資金を金融機関から借りる時、借りるための審査があります。
事業計画書がしっかり作成できれば、それだけで審査に通るのでしょうか?
審査のポイントと共に書いてみます。

 

融資審査のポイントとは?

前提として、起業融資には審査のポイントというものがあります。
基本的には総合的に判断をしますが、特に重視するポイントは以下の点です。

・自己資金の内容と融資希望額のバランス
・開業する業種の経験があるのか?
・事業計画書の内容

おもにこの3点が大事です。

 

審査のポイントは事業計画書だけではない

上記、3つの審査ポイントの中に事業計画書も入っていましたが
他にも自己資金や開業する業種の経験も含まれていました。

つまり、起業融資の審査は事業計画書さえしっかりしていれば
通るものではないということです。

事業計画書の内容はもちろんのこと、自己資金や経験、その他の
条件次第で融資の可否が決まってしまうわけです。

 

事業計画書だけが今から対策をたてられる

起業融資の重要な審査ポイントとして
・自己資金
・開業する業種の経験
・事業計画書
とありましたが、自己資金と経験は過去の出来事の積み重ねなので
融資を申し込む直前になってから変えることはできません。
しかし、事業計画書の内容だけは今から作成するものなので
審査のポイントを押さえて作ることは可能です。

事業計画書の内容しだいで融資の可能性を上げるということも
できるわけです。

 

作成すべき事業計画書の種類

融資の可能性を上げるために最低限作成したい計画書があります。
私が起業融資のお手伝いをするときに必ず作成して、金融機関へ提出しているものです。
以下がその書類です。

・創業計画書
日本政策金融公庫の既定のものと、既定の内容を詳しく文章化したもの

・売り上げの検討表
毎月どのくらいの売上がみこめるのか、エクセルで数値化したもの

・損益計画書
売り上げをもとにして、毎月どのくらいの費用と利益がみこめるのか、
エクセルで数値化したもの

・資金繰りの予定表
現金の入出金だけをあらわすもの。数か月後に売上の入金や経費の支払いがあったりする場合は必須

以上は最低限用意していきたいものです。
特に資金繰りの予定表は重要です。

 

起業資金の融資は事業計画書だけで決まるものではありませんが
事業計画書を作成しないと融資はできません。

事業計画書を作ることは、融資をうけるための最低限必要になるので
大変な作業ですが作って申し込みをしましょう。

 

(注)動画の内容は一つの方法、考え方に過ぎません。

実際に融資の申し込みをする際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

 

創業融資専門行政書士事務所。「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519     ホームページhttps://sougyou-kakizaki.jp/

 

スマホサイト:スマホサイト:https://sougyou-kakizaki.jimdo.com/

公的融資で開業資金の調達をお手伝いしている事務所です。

創業期の融資支援に特化した当事務所は開業資金不足でお困りの方の融資をお手伝いします。

ご自分一人であきらめてしまう前に、一度ご相談下さい。