代表行政書士 柿崎満佳 プロフィール
1981年10月23日千葉県松戸市で生まれる。
2000年東京学館浦安高校を卒業。
その後、千葉商科大学に1浪して進学。
2003年大学で学ぶ目的を見いだせずにいたところ、行政書士という仕事に出会い、本気で志すために大学を中退。

受験勉強の傍ら、フリーターとして、ヤマト運輸で宅急便の配達や、浦安の倉庫で商品のピッキング作業、近所のスーパーでは6年間働きながら予備校に通い、8度目の行政書士試験で合格。
スーパーで担当した酒部門では、商品の選び直しを行い、酒類の売上を前年比110%に改善させることも経験。

2010年4月に行政書士登録。
柏市のベテラン先生の事務所にて修行。
クライアントからのヒアリング方法、戸籍や住民票の請求、昔の戸籍の読み方から遺産分割協議書の作成まで、一連の相続手続きを実務を通して体得。
法人向けの業務では、建設業の許可申請に携わり、役所への効率的な説明の仕方や、管轄行政機関との折衝など、今の融資業務につながるスキルを身につける。

2010年10月23日、29才の誕生日に独立開業。
開業後は相続や建設業許可申請、内容証明、生活保護、法人の役員変更(登記以外)、株式会社の増資、パスポート代理申請など、法人や個人まで幅広く業務を経験。
様々な業務を経験するうちに、起業家と接する楽しさと応援したいという気持ちが強くなっていく。
それと同時に、起業する人の悩みの多くが開業資金の問題ということも知る。 「なんとか起業する人の悩みを解消できないか?」ということで、自分自身も融資を受け、現在の創業融資業務に特化する。

今まで対応した業種は、接骨院、エステ、リフォーム会社、電気工事業、トレーナー、医療系会社、保育園など多岐にわたり、
創業企業への平均融資金額723万円という統計(平成28年度の日本政策金融公庫)がある中、創業融資としては非常に高額な、1800万円の資金調達に成功した実績もある。

【記事執筆】
創業手帳様
赤裸々レポート!創業融資の専門家が実際に【創業融資】を受けてみた。

創業手帳様 (監修)
「こんな時、資金調達は難しい」専門家が見た融資が難しくなる4パターン

創業手帳様 (監修)
【体験レポート】「中小企業経営力強化資金」で融資を申し込んでみた

創業手帳様 (監修)
開業資金調達に!融資審査の通る確率が格段に上がる4つの対策

【メディア】
士業のミカタ様
大きな市場で戦わずにニッチに勝つ方法 ~創業融資に絞ってウェブ集客~
<第1回>新しい仕事は市役所で探せ?
<第2回>業務の勉強<集客の勉強の理由

お気軽にお問い合わせください。047-343-9519受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。