当事務所でご支援させていただいたお客様の創業融資事例です。

属性

開業後の個人事業主
30代 女性

ご相談時の状況

・1年ほど前に開業したが業績が芳しくない状態。
・手持ち資金も使ってしまい、残りが少ない状態でのご相談。

融資における問題点

・手持ち資金の金額が少なかったので、この状態で普通に申し込んでも希望金額にとどかない。

解決方法

【流れ】
・現状と今後の展望をヒアリング

・資金調達の可能性を上げるプランを構築
今回は、すでに使った費用を自己資金とするプラン

・ヒアリング内容と策定したプランをもとに、日本政策金融公庫の職員と事前に協議

・手持ち資金不足を解消するため、すでに事業用に支出した費用の領収書を集め、支出した合計金額を自己資金とみなす方法をとることとした。それにより、100万円を超える自己資金となったので融資希望額に対して妥当なボリュームの自己資金とみなすことができた。

・事業計画書を作成

・日本政策金融公庫と事前に打ち合わせ、融資の申込み

・日本政策金融公庫の面談に同席

【作成・提出資料】
・創業計画書 事業内容やセールスポイント、取引先、今後の計画を文章で伝えるもの
・売上検討表 (3カ年分)
・損益計画書 (3カ年分)
・資金繰り表
・資金計画書
・支出した費用の一覧表
・領収書のコピー

結果

・日本政策金融公庫から女性が金利の優遇を受けられる融資制度を使い、希望通りの資金調達に成功

お気軽にお問い合わせください。047-343-9519受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。