柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

創業融資の解決事例 【自己資金がゼロだったケース】

当事務所でご支援させていただいたお客様の創業融資事例です。

属性

40代の男性
勤務先と同じ業種での開業

ご相談時の状況

・創業融資の重要点となる自己資金がゼロだったが、開業の意志は強く、本当に融資が無理なのかご相談に。

融資における問題点

・自己資金がゼロだと、基本的に創業融資を受けることは不可能。
・カードローンの残債が数十万円残っていたこと。(日本政策金融公庫は生活費などの個人的借入を嫌う)

解決方法

【流れ】
・現状と今後の展望をヒアリング

・自己資金がゼロなので、ご両親などから支援金をもらえないか提案。
(親族からの支援金は自己資金としてみてもらえることがある)

・ご両親からの支援が受けられるということで、この支援金を自己資金として使うことに。

・状況を日本政策金融公庫の職員に事前に相談。
しかし、カードローンの残債があることから希望金額までは厳しいとの回答。

・そこで、日本政策金融公庫ではなく、近くの信用金庫で制度融資を受けることを選択

・事業計画書の作成

・いくつか信用金庫をあたり、増額提案された信用金庫に融資申込み。

・信用保証協会の審査途中で過去の情報から厳しいかもしれないという状態に。
(制度融資を使うには信用保証協会の保証が必要)

・上記で事前相談した支店とは別の日本政策金融公庫(最終手段に残しておいた)
にも融資を申し込み。

・日本政策金融公庫の面談に同席

【作成・提出資料】
・創業計画書 事業内容やセールスポイント、取引先、今後の計画を文章で伝えるもの
・売上検討表 (3カ年分)
・損益計画書 (3カ年分)
・資金繰り表
・資金計画書

結果

・日本政策金融公庫は面談から2営業日後に希望通りの金額で融資が決定。
・厳しいかもしれないとなっていた、制度融資も信用保証協会がOKをだし、
希望通りの金額で融資が決定。
・両方ともOKがでたので、結果的に希望金額の2倍の金額を借りることができた。
・後日、信用金庫の担当者になぜ制度融資が満額で決まったのか聞いてみたところ、
「事業計画書の内容ですね」との回答だったとのこと。

今回のポイント

・親御様から支援金をいただけたこと。
・ご本人の業界経験歴が長く、しっかりしていたこと。
・事業計画書の内容
(資金繰り表で今回の融資の返済とカードローンの返済が問題なくできると説明)
・ご本人の熱意

無料相談フォームはこちら

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

047-343-9519

TOP