柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

融資の解決事例【出店資金の調達】

当事務所でご支援させていただいたお客様の資金調達事例です。

属性

貴金属の企画、販売業
4期目の株式会社

ご相談時の状況

・OEMでの販売や自社サイトでアクセサリーを販売していたが、自社ブランドの実店舗を出すために資金が必要となった。

融資における問題点

・期によってスポット的に大きな売上げがあるため、売上高の変動が大きかった。

・スポットの売上げは2年に1度見込んでいたため、審査担当者に”まぐれ当たり”とみられないようにする必要があった。

・OEMでの販売は売り上げ見込みがつくものの、出店予定の店舗の売上げは出店してみないとわからない。

 

解決方法

【流れ】
・決算書を見ながら現状と今後の展望をヒアリング

・ヒアリング内容をもとに、日本政策金融公庫の職員と事前に協議

・事前協議で融資の可能性はあると判断

・事業計画書を作成
既存事業と新店舗、2種類の損益計画書を作成。この2つを合算した事業全体の損益計画書を作成。これにより会社として利益が出ることを説明した。
スポット的な売上が2年に1度発生することから、この時期に大きく稼げることも損益計画書で説明。
以上により、店舗の売上げが仮に想定を下回っても既存事業やスポットの売上げを見込んでいるため、問題なく返済できることをアピールした。

・日本政策金融公庫に融資の申込み

・日本政策金融公庫で面談

・面談から6日後に融資が決定

【作成・提出資料】
・事業計画書 事業内容やセールスポイント、取引先、今後の計画を文章で伝えるもの
・売上検討表 店舗の売上げ見込みを試算したもの(36ヵ月分)
・損益計画書 既存事業の収益予定(36ヵ月分)
・損益計画書 新店舗の収益予測(36ヵ月分)
・損益計画書 既存事業と新店舗を合算したもの(36ヵ月分)
・資金繰り表 会社全体の資金の流れ(12ヵ月分)
・企業概要書 日本政策金融公庫のフォーマット

結果

・日本政策金融公庫から希望通りの金額で資金調達に成功

無料相談フォームはこちら

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

047-343-9519

TOP