柏市 創業融資は税理士、行政書士、診断士誰に依頼したら良い?

開業資金の融資を専門家に依頼したい。
でも誰に依頼したら良いか判断に困る。
今回は税理士や行政書士など、どの士業に依頼したら良いのか書いてみました。
あくまでも個人的な意見です。

各士業の業務内容

世の中には様々な士業が存在します。
まずは各士業の業務内容や特徴をざっくりとまとめてみます。

【弁護士】
弁護士は法律的な問題をかかえている方にアドバイスを行ったり、代理人として交渉や訴訟を行います。
刑事事件、民事事件、企業法務など法律的な問題を予防、解決します。
人によって得意分野も違っていて労働関係に強い人、債権回収に強い人、ネット上のトラブルに強い人など様々です

【税理士】
主に税金が絡むときに登場します。
株式会社や個人事業主の決算申告、税務調査の対応、相続税の手続きなど、税金周りの実務やアドバイス全般を行います。
事業者とは顧問契約を結んでいることも多く、経営の相談にのってくれたりもします。事業者からもっとも身近な士業なので融資の相談も自然に税理士にということも多くなります。

【行政書士】
主に事業を行うのに必要な許認可の申請を行います。
その他にも相続や離婚に関する業務など一般個人の問題解決を扱うこともよくあります。
各個人で専門分野がわかれていることが多いのもこの資格の特徴です。

【司法書士】
主に登記を行います。
株式会社設立の登記や相続にともなう土地の名義変更など法務局への登記を扱います。
他にも少額訴訟を扱える人もいます。

【社会保険労務士】
主に労務関係の業務を扱います。
就業規則の整備や人材の採用、人材系の助成金申請も行うことができます。

【中小企業診断士】
国が認定した経営コンサルタントという感じで、業務分野も広く人によって得意分野が違います。
補助金の申請代行、経営診断、経営全般のアドバイスなどを行います。

全ての士業に共通するのは人によって得意分野が違います。

融資を扱えるかが大事

さて、各士業の業務内容をざっくりとご紹介しました。(私見ですが…)
では融資を依頼するにはどの士業が良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと
資格名に関係なく「融資に強いかどうか」が重要ということです。

今まで私がお会いした士業のなかで融資を扱っていたのは
税理士、行政書士、中小企業診断士、弁護士がいました。

逆に融資を扱わない士業にも
税理士、行政書士、中小企業診断士、弁護士はいました。

つまり、融資に関していうと資格で分かれているのではなく、個人が得意分野として扱っているのかどうかで決まっています。

なので、一般的なイメージで融資といえば税理士ですが、融資を扱わない方もいらっしゃいます。

私自身も行政書士なので一般的には許認可の申請が一般的ですが、許認可は扱っていません。もっぱら創業融資のお手伝いばかりしています。
融資を扱っていない方々から紹介をいただくこともよくあります。
各事務所の運営方針の違いがでているわけなんです。

融資専門家の選び方の提案

融資を依頼するにも専門家はたくさんいます。
ではどのように選ぶといいのでしょうか?
選ぶ基準のひとつとして考えられることを挙げてみます。

・知り合いの紹介
知り合いで創業融資の依頼をして無事に成功した人がいれば紹介してもらう。

・性格が合うのかどうか
実際会って話たりしないとわからない部分ですが、結構込み入ったこともお聞きするので気が合う人じゃないとお互いにとって良くないかもしれません。

・ホームページにお客様の事例が書いてある
ホームページで検索してその事務所がお手伝いした方の顔写真や、アンケートなどがあるところを選ぶ。
当事務所でもお客様の直筆アンケートを掲載していますが、アンケートなどをいただくには融資に成功してかつ信頼もしていただく必要があるので、顔写真やアンケートがあると信頼感があると思います。

まとめ

以上創業融資の依頼は誰にすればいいのか書いてみました。
今回の記事は完全に個人的な意見なので、絶対に正しかといえばそうではないと思います。

ただ、選ぶ基準のひとつにはなると思うので、そういう考え方もあるんだな位に受け取っていただけるとよいかと思います。

 

創業融資支援のかきざき行政書士事務所のホームページは   ⇒  こちら