柏市 女性起業家を支援する創業融資制度とは?

女性起業家向けの融資制度というものが政府系の金融機関である日本政策金融公庫にあります。
その一つが「女性、若者/シニア起業家支援資金」という制度です。
今回はこの融資制度について書いてみました。

女性、若者/シニア起業家支援資金とは?

どのような内容の融資制度かというと
利用できる人は「女性または35歳未満か55歳以上の方であって、 新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方」ということなので女性であれば年齢に関係なく使えます。
男性は年齢で制限があります。

資金の使い道は「新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金」という事で基本的に創業フェーズにいる場合に使う融資制度です。

融資限度額が7,200万円(うち運転資金4,800万円)

返済期間は設備資金が20年以内<うち据置期間2年以内>
運転資金が7年以内<うち据置期間2年以内>です。
ちなみに据え置き期間というのは利息のみ支払う期間で、この据え置き期間を経過すると元本の返済が始まります。だいたい6ヶ月くらいで設定する場合が多いです。

担保・保証人は「お客さまのご希望を伺いながらご相談させていただきます」ということなので無担保、無保証人の融資制度ではありません。
場合によっては担保や連帯保証人が必要になることもあるかもしれません。
ただ現在は担保や連帯保証人を取らない動きになっていますので必要ない場合が多いと思います。

他にも融資制度がある

ということで日本政策金融公庫の女性、若者/シニア起業家支援資金を紹介しましたが、女性はこの融資制度しか使えないのではなく他の融資制度を使うこともできます。
直近で私がお手伝いさせていただいた女性起業家さんは「中小企業経営力強化資金」という融資制度を使いました。
他にも「新創業融資制度」や「新規開業資金」という融資制度も用意されています。

人によって有利になる制度が違ってきますのでよく検討して融資を申し込む必要があります。

創業融資無料相談受付中です!!
創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」
電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/