柏市 創業融資で日本政策金融公庫を使うメリットとは?

日本政策金融公庫ってご存知ですか?
ざっくりいうと国の政策金融機関です。
今回は日本政策金融公庫のメリットを3つ書いてみました。

創業者にも融資をする

日本政策金融公庫のメリット
まずひとつめは「創業融資を積極的に行う」です。

通常、銀行などの民間金融機関はプロパーで創業者向けに融資はしません。
信用保証協会の保証が付いてはじめて創業者に融資を行います

銀行としてはまだ実績ゼロの創業者に融資をするのはリスクが高すぎます。
なので信用保証協会の保証を付けて万が一の時のリスクをかぶらないようにしています。

銀行としては信用保証協会の審査結果しだいでどうするか決めているということです。

対して日本政策金融公庫は信用保証協会と関係がありません。
案件ごとに支店内で協議しています。

創業融資の実績も日本で一番多い金融機関なので、審査のノウハウも多く持ち合わせています。
多少難しめの案件でも融資をしてくれたりします。

ここ数年は国が創業を後押ししていることもあり、毎年創業融資制度の拡充が行われています。
今年度は金利が0.4%引き下げられた制度もありました。

このように積極的に創業者向け融資に取り組んでいます。

制度がわかりやすい

ふたつめのメリットとして「わかりやすい」があります。

日本政策金融公庫の融資制度は全国共通です。
基本的に地域ごとに制度の内容が違うこともありません。

逆に信用保証付きの融資は都道府県や、市町村の制度など地域ごとに違うのでわかりにくい部分があります。
地域で融資限度額や、利子補給のある所、ない所。
そもそも市町村の融資制度がない所など。
融資までの手続きや期間も違うので調べる必要がでてきます。

融資の対応が柔軟

3つめのメリットとして「柔軟に対応してくれる」があります。

私が融資のお手伝いをさせていただく方には、他の銀行で断られたなど難しい方が多いです。
それでも日本政策金融公庫で融資を受けられたというケースはしょっちゅうです。

例えばこんなことがありました。
埼玉県で起業する方でしたが案件的にはだいぶ厳しめの方でした。
埼玉県で起業なので通常は埼玉県内の公庫の支店で審査をします。
ですが、この案件は上野支店で審査になりました。
東京都の上野です。

これは埼玉県の支店より上野の支店が今回は積極的にやってくれそうなのでこちらになったという感じです。

その他にも公庫だけでは無理そうな案件に対して、信用金庫などとの協調融資も可能です。

このように融資ができるような提案や調整をしてくれたりします。

もちろん何でもかんでも融資をするわけではありません。
無理なものは無理です。ゼロ回答になることだって当然あります。

ここは注意

上記で調整をしてくれると書きましたが、支店の窓口に相談をしてそのような対応をしてくれるかどうかは正直わかりません。
調整してもらったケースの多くは直接支店の窓口に持ち込んだのではなく、南関東を統括する部署と事前に協議したケースです。
各支店の窓口でそこまで対応してくれるかは未知数なのでご注意ください。

 

創業融資成功支援のかきざき行政書士事務所のホームページ   ⇒  こちら