047-343-9519

創業事例集

柏市 創業融資 開業後手持ち資金が少ない時の解決方法は?

    自己資金だけで開業して、手持ち資金が少なくなってから創業融資を申し込む場合というのがよくあります。
    自己資金が少なければ融資を受けるのは厳しいというのが一般的です。

    当事務所でも開業1年未満で自己資金が少なくなってしまった場合の融資事例があります。
    今回はその解決事例を書いてみたいと思います。

    領収証が自己資金になることがあります

    創業融資において事業用に資金を使ってから融資を申し込む場合があります。
    このような場合、融資申込み前に購入した物の領収証などがあれば購入資金を自己資金とみなすことができます。

    ということで、一番の問題である現在の自己資金の少なさを解決するために、
    開業した方が開業してから現在まで事業資金として使ったお金の領収証を集めてもらいます。

    そうすると、この領収証の金額は自己資金としてカウントできます。
    例えばパソコン10万円の領収証⇒自己資金10万円とカウントする。という感じです。
    (金融機関のさじ加減の部分もありますが…)

    ただし、運転資金などに溶けてしまった分は厳しくなります。

    このやり方で領収証を集めて自己資金額を増やしていき、手持ち資金の少なさをカバーするわけです。

    その後、創業計画書(売上検討表、損益計画書、資金繰り予定表)などを作成し
    日本政策金融公庫の創業融資制度を使い融資を申し込みました。
    あとは、開業した方と一緒に私も融資面談に同席し好感触で面談を終えることが出来ました。

    このケースは自己資金が十数万しか手持ちでありませんでしたが
    領収証をあつめて最終的に自己資金額は100万円を超すまでになりました。
    結果としては無事に創業融資満額達成できました。

    創業融資無料相談受付中です!!
    創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」
    電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/

    無料相談フォームはこちら

    メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

    047-343-9519

    TOP