柏市 起業資金調達 相談 担保のない人にも公庫は融資する

起業資金の調達をするとき、日本政策金融公庫から
融資をうけることがよくあります。

事業資金を借りるというと、担保がないと融資はできないという
イメージをもちそうなものですが、実際どうなのか書いてみます。

 

担保がなくても大丈夫な創業融資制度

日本政策金融公庫の創業融資制度では
基本的に担保がなくても融資を受けることが可能です。

例えば
・新創業融資制度
・中小企業経営力強化資金(2000万円まで)
・女性、若者/シニア起業家資金
・新規開業資金

などは担保がなくても融資が受けられます。
(高額の融資を希望する場合などには必要なことがあります)

 

昔は担保が必要だった

現在、創業融資に担保は必要ではなくなりましたが
一昔前は担保や連帯保証人が必要だったそうです。

担保や連帯保証人に依存していたわけです。

しかし、ここ数年の間に国の政策、方針によって
日本の起業を活性化させることや過度に担保や保証に依存する
融資手法から脱却しようという流れができてきました。

このように、国の方針が変わってきたので
担保や連帯保証人を必要としなくなってきました。

 

担保がないからこそしっかり準備を

昔は担保や連帯保証人の有無が審査に影響していました。
もし、貸付先が返済不能になっても担保や連帯保証人から
回収できるので金融機関のリスクは抑えられていたわけです。

担保や連帯保証人に依存できなくなった現在
創業者に対する融資は金融機関にとって、とてもリスクが高い
融資になっています。

という事は、昔よりしっかり審査しなければいけないと
想像ができそうです。

創業融資の審査を乗り切るには
事前に準備をととのえていきましょう。

・自己資金の貯蓄
・開業する業種の経験をつむ
・審査のポイントをおさえた事業計画書を作る

など
以上の準備ができたようなら
担保や連帯保証人がいなくても創業融資を受けることができるはずです。

 

(注)動画の内容は一つの方法、考え方に過ぎません。

実際に融資の申し込みをする際は皆さん状況が違うので注意が必要です。

 

創業融資の無料相談、絶賛受付中です!!

電話番号:047-343-9519     ホームページhttps://sougyou-kakizaki.jp/

スマホサイト:https://sougyou-kakizaki.jimdo.com/

 

公的融資で開業資金の調達をお手伝いしている事務所です。

創業期の融資支援に特化した当事務所は開業資金不足でお困りの方の融資をお手伝いします。