柏市、松戸市の創業融資専門事務所

047-343-9519

融資

千葉県柏市 創業融資が一発勝負は本当なのか!?

創業融資について検索するとこんな表記をみかけます。
「創業融資は一発勝負」
これって本当なのでしょうか?
一度断られたら、あきらめなければいけないのでしょうか?
このあたりについて書いてみます。

創業融資が断られたらもう申請できない?

一度創業融資が断られても、再申請して融資が通ることはあります。
ただし、それには条件があります。

その条件とは
「一度目の融資申請を断られた原因を解消できるかどうか」です。

この原因を解消できなければ、再度申し込みをしたところで同じ結果になります。
逆に解消できれば融資を受けることが可能になります。

例をあげてみます。
融資の謝絶原因が事業計画書の内容があまりにも酷かった。
という理由であれば、
事業計画書を現実的な内容にブラッシュアップして
審査に耐え得るものにすれば、融資される可能性は十分あります。

ダメな例もあげてみます。
融資の謝絶理由が自己資金不足にあった。
という理由の場合に、いくら事業計画書をブラッシュアップしても意味がありません。
自己資金不足が解消されないので、また謝絶されます。
この場合は自己資金を貯める必要があります。

というようにポイントは「融資を断られた理由を解消できるのかどうか」です。
したがって、再申請しようとするときに一番最初にすべきことは「断られた理由を把握すること」になります。

では、この「断られた理由」はどうしたら把握できるのでしょうか?

例えば
日本政策金融公庫で断られた場合、
審査を担当した方が理由を教えてくれることがあります。
逆に、理由を教えてくれない担当者もいます。
これは担当者次第といったところです。

理由がわからない場合は専門家に相談をして状況を説明するとわかったりします。
なので、相談してみるのも良いかもしれません。

別の金融機関に申し込むという解決方法

融資を断られた理由を解消すれば、再申請して融資の実行を勝ち取ることができると書きました。
ただし、1回目の申込み時よりもハードルが上がっています。
謝絶原因となった部分を、1回目より注意深く審査するからです。
(謝絶の履歴は残っているそうです)

であれば、別の機関に融資を申し込むという方法もあります。

たとえば、1度目は日本政策金融公庫に申し込んだが断られた。
2度目を日本政策金融公庫に申し込むとハードルが上がっているので、
公庫とは関係ない、信用保証付きの融資を信用金庫に申し込む。
といった感じです。

公庫も信用保証付きの融資も審査基準はほぼ同じなので、
謝絶された原因が解消できれば、融資されるかもしれない。
ということなんです。

公庫と信用保証協会はまったく別の機関なので
情報の共有はしていません。

まとめ

一度、創業融資を断られても、再申請して融資してもらうことは可能です。
ただし、一度目の融資が謝絶された理由を解決できればの話です。

もし、融資が断られてしまったら、まずは原因の把握から始めてみましょう。
もしかしたら解決できる原因かもしれません。
解決できれば半年も待つ必要はありません。
対策を練って申込みをすれば、融資を受けることだって可能です。

一回だめだったからといって、あきらめず、可能性はないか考えてみましょう!

関連記事

無料相談フォームはこちら

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

047-343-9519

TOP