柏市 創業融資 確定申告しないと融資を受けられないって本当?

金融機関から融資を受けたい!
でも個人事業主で確定申告してない。
こんな場合はどうなるのか、そんな相談があったので書いてみます。

融資を受けたいんですが、確定申告してません。

先日、こんなご相談をいただきました。
詳細は書けないのでまとめると以下のような内容でした。

・個人事業主で開業して以来、確定申告をしてこなかった。
・新事業を始めるので融資を受けたい。

すごく簡単にするとこのようなことでした。

確定申告しないと融資が申し込めないどころの騒ぎじゃない

さて、確定申告していない。
人によっては軽く考えてしまう方もいるようですが、実は結構重要なことなんです。

開業後何年かして、いざ融資を申し込みたいとなった時に確定申告をしていないというのは致命的なダメージになります。
なぜなら、融資の申込みにはほぼ確実に確定申告書を提出する必要があるからです。
後で申告すればいいじゃないか。と考えますが、事後申告はほとんどアウトと同じくらいの評価になってしまいます。
ケースによっては税理士を通さず申告すると、税務調査の対象になってしまったりとリスクも発生します。

また、事後申告してから融資の申込みをしても高い確率で否決されるだけでなく、
事後申告だった記録も残ってしまい、将来的にもネガティブ情報が残ってしまい何もメリットがありません。

 

確定申告をして税金を納めます。
そして、日本政策金融公庫から融資を受ける場合、その融資金の財源は税金です。
財源となる税金を納めていない人に、なぜ税金を使って融資をしなければならないのか?
という当然の考え方なんです。

解決するためには?

確定申告をしていない状態で融資を受けたい。
どうすればよいでしょうか?
残念ながらすぐにどうにかすることはできません。

別の法人を設立して融資を申し込むというのも考えられますが、
審査の過程で当然現在の業績はどうなのか、確定申告書が必要になるのでやはりわかってしまいます。

ケースバイケースであると思いますが、すぐに融資を受けるのは無理か、相当厳しくなります。
上記でも述べたように、事後申告して融資を申し込んでもメリットはありません。

税理士さんにお願いして今までの申告をして、
今後2,3年しっかりと税務申告をすればやっと融資の申込みができるようになります。
金融機関が要求するのは直近2~3年分の申告書なので。

そこまでしっかりとする必要があるわけなんです。

業績が赤字でも申告しておきましょう。

確定申告は融資において必須書類です。
「今期は赤字だからしなくていいや」
「税金払いたくないから申告しない」
「申告めんどくさいし・・・」
私も個人事業主なので気持ちは良くわかります。ですが確定申告しないと思わぬところで代償を払うことになります。

赤字でも申告しておくと還付などもあるようなので、自分の将来のためにも申告しておかないといけませんね。