柏市 創業融資で【経営力強化資金】を使い資金調達に成功

創業融資を申し込むときに、数種類ある融資制度の中から自分に適した融資制度を選ぶ必要があります。
今回はその制度のうちの一つである中小企業経営力強化資金について書いてみます。

本日融資の面談日

この記事を書いている本日5月15日、中小企業経営力強化資金を使って創業融資のお手伝いをさせて頂いている起業家さんが、日本政策金融公庫で融資の面接を受けてきました。

なぜ今回この制度で融資を申し込もうとしたかというと、中小企業経営力強化資金という制度が日本政策金融公庫の他の創業融資制度よりも利息が低いこと。
条件が厳しめの起業家さんでしたので、他の創業融資制度よりも経営力強化資金の方が日本政策金融公庫が融資を通しやすいこと。
当初、目黒区の制度を検討していましたが、区役所に相談に行ったところ日本政策金融公庫ほど良い感触ではなかったことが主な理由でした。

経営力強化資金は融資がしやすいって本当?

なぜ、日本政策金融公庫は経営力強化資金の方が他の創業融資制度よりも融資をしやすいのか?
これには理由があり、日本政策金融公庫の担当者にその理由を直接聞くことができました。
理由としては、経営力強化資金は認定支援機関の協力があってはじめて利用できる制度です。
認定支援機関の支援がある、つまり私たちのような外部の専門家の支援が約束付けられているので他の制度よりも融資をしやすいということでした。

起業家と外部の専門家、日本政策金融公庫の3者で事業を支えていけるという事が大きいということです。

さて、いつもは融資の面談に私も同席させて頂くのですが、今回は同席が断られてしまいました。
担当者さんによって了承する方と嫌がる方がいますが、今回は嫌がる方でした。
これについてはしょうがないですね。
面談終了後、感触を起業家さんに聞きましたが、特に良いことも厳しいことも言われず淡々と進んだそうでした。

約一週間から二週間で融資の結果が伝えられますが、良い結果が出るのを願うばかりです。

追記、融資結果がでました

融資の結果がでたので追記します。
面談日から4日後に希望通りの金額で融資が決まりました。
制度としては女性・若者・シニア起業家支援資金制度の適用になりました。

今回は女性の起業家さんだったので経営力強化資金よりも利息が抑えられるということで、有利な条件にしてもらうことができました。
融資面談中に日本政策金融公庫の職員と制度変更の話がでたということでした。
利率としては1%台後半です。

無事に融資が通って本当に良かったです。

 

創業融資無料相談受付中です!!
創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」
電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/