柏市 開業時の設備資金の融資では請求書が必要なのか?

開業時に設備が必要なことが多いです。
その設備を買うために融資を受けることもあります。
設備資金の融資について書いてみました。

設備資金の融資には見積書くらいは欲しい

開業時には業務に必要な機材の購入や、店舗の内装工事費などの設備資金が必要なことがあります。
この設備資金に結構な金額を使うことも多いです。
そのため、銀行などから融資を受けて購入資金にあてたりします。

さて、融資を受ける時に購入を予定する設備の請求書がないといけないのか、お客様に聞かれることがあります。
実務上はどうなっているのかというと、請求書や契約書などが必ず必要というわけではありません。
ただ、見積書は業者さんにもらって欲しいという感じです。
その見積書を金融機関に提出します。

特に金額の大きい機械や内装工事の費用の見積りなどはあった方が良いです。

逆にそれほど高額なものでなければカタログのコピーなんかでもよかったりします。

店舗取得費などは注意

設備資金で高額になるものとして店舗の取得資金があります。
店舗系の事業をする場合、注意しないと融資自体がやり直しになることがあります。
(運転、設備資金両方とも)

例えば以下のようなケースです。

ある物件を賃貸して飲食店をはじめます。
物件の契約は融資が決まってから賃貸契約を結ぶ予定です。
事業計画書を作り融資を申し込んだところ、無事に融資が決まりました。
そこで、いざ物件の契約をしようと不動産屋に連絡をしたところ・・・
不動産屋「あの物件、他の方との契約が決まってしまいました」
せっかく融資が決まったのに予定物件の契約ができなくなってしまいました。

このような場合は基本的に決定していた融資は無かったことになり
他の物件を探してから審査のやり直しになるのが普通です。

なぜこのようなことになるかというと
店舗系のビジネス、特に飲食店などは開店する場所によって集客、売上げ状況などに影響があります。
なので場所が変われば収益状況も変わります。

当初予定していたA店舗の事業計画書は、次に見つけたB店舗では通用しなくなるわけです。
ということで、B店舗の事業計画書で再度審査のやり直しとなるのです。

設備にお金をかけすぎない

開業時にありがちなのが設備にお金をかけすぎてしまうということです。
これも注意です。

融資を受けて設備を購入する場合、高価なものを選んで融資を申し込むと、それだけ融資金額が増えるので毎月の返済額や利息の金額も増えます。
ということは売上げが上がりにくい創業期において、資金繰りを圧迫してしまう恐れがでてきます。

どんなに立派な機械を使って、内装にお金をかけても運転資金が底をついてしまえば倒産です。
逆に業務に支障がない中古の機械を使い、内装がそれなりでも運転資金が続いていく限り倒産はしません。

運転資金をどれだけ確保できるかが大事です。

まとめ

まとめると

設備資金の融資では見積書は提出したい

店舗系のビジネスは他人に先に物件の契約をされる恐れがあるので注意

設備資金よりも運転資金の優先順位が高い

 

ホームページはこちらhttps://sougyou-kakizaki.jp/