柏市 保証協会なしで創業融資をする信用組合があらわれた!

信用保証協会の保証をつけずに創業資金の融資をする金融機関がでてきました。

実はこれ大変なことなんです。

 

従来の創業融資は信用保証が付いていた

今まで、銀行や信金、信組など民間金融機関で
創業融資を受けようとする場合は、ほぼ確実に
信用保証協会という機関の保証が付かないと
融資は受けられませんでした。

その理由は、融資をした会社が返済不能になった場合、
信用保証協会が借りた人のかわりに金融機関に対してお金を支払う形をとっていました。
そのため金融機関にはリスクがなかったので貸すことができていました。

 

創業融資はリスクが高い

金融機関にとって創業者への融資はリスクがとても高い
というのも信用保証協会がないと融資ができない理由です。

これから創業する人は事業の経験がないので
決算書をまだ持っていません。。

銀行の融資の8割は決算書で決まると言われます。

融資の判断をするための決算書がまだないので
融資をしても返済されるか非常に不透明というわけです。

また、創業者は融資を受けていないため
金融機関に対する返済実績もありません。

なので信用という部分でもリスクがあります。

 

保証なしで創業融資をする信用組合が現れた

上記のような理由から創業融資は金融機関にとって
リスクが高いため信用保証協会の保証がついています。

そんなリスクが高い創業融資に
信用保証協会の保証なしで融資をする信用組合でてきました。

第一勧業信用組合です。

 

審査の基準は日本政策金融公庫に似ている

先日、第一勧業信用組合の課長さんのお話を聞く機会があり、
どのあたりが融資審査の基準になるか聞くことができました。

一例をあげると
・創業は思いつきではなく、前から考えていたのか
・家族の理解はあるのか
・開業する業種の経験はあるのか
・自社のセールスポイントは何か
・自己資金はコツコツ貯めてきたものか
・売り上げの計画は適正か
・借入の返済ができる計画なのか

など日本政策金融公庫の創業融資ととても似ていました。

ちなみに日本政策金融公庫を参考にした訳ではないとも
話していたので、どの金融機関も着目する点は似てくる
ということですね。

 

課長さんのお話では

他の金融機関で信用保証付きの創業融資を
断られて、第一勧業信用組合で創業融資をうけられた
起業家さんもいらっしゃるようでした。

また、それとは別に近年積極的に創業融資をしている
日本政策金融公庫の取り組み方は
同じ金融機関としてすごいということもおっしゃっていました。

 

まとめ

信用保証を付けないで創業融資をする信用組合さんが
でてきましたが、それでも他の多くの金融機関が
信用保証を付けているのが現状です。

少しづつこの様な取り組みを始める金融機関も
増えてきていますが、一気に変わるという事は考えにくいです。

なので起業を考えたら、資金をためていくなど
早めの準備は今まで通りかわらないということですね。

 

創業融資の無料相談、絶賛受付中です!!
創業融資支援に特化した行政書士事務所「かきざき行政書士事務所」

電話番号:047-343-9519 ホームページ:https://sougyou-kakizaki.jp/